引越は赤帽土肥運送
徳島文理大学

日記

赤帽運送の取り扱いについて

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/赤帽 からの情報>

取扱い業務
業務は宅配便の末端配送下請け
(後述)、引越し、ルート配送、緊急貨物の配送が主である。

基本的に、運転手は個人事業主で、かつ営業方針は自由に設定できるので、各自で運送とはかけ離れたサービスを付随させていたりする場合もあり面白い。トラックは富士重工業製のサンバーを使用しており、一部ではプレオバンも使われている。

サンバー・プレオバンともに赤帽専用の特装車となっており、富士重工業系列の特装車メーカーである桐生工業が手がけている。

宅配便については事実上、赤帽ブランドで宅配事業は行っていない。ヤマト運輸「宅急便」以外の他社大手宅配業者の下請け(営業所から配送先宅への配送など)となっている。ただし、一部の単組では宅配事業に力を入れ、事業を拡大しようと努力している。

緊急貨物はバイク便や自転車便のように、荷物の引き取り先から納品先まで直送する。歴史はバイク便より赤帽の方が古い。地方はバイク便がまだ発達していないので、現在でも地方間の直送便は赤帽等の軽貨物業者が一般的になっている。

運送料金は、宅配便のように1ケース単位ではない。1車貸切で時間単位の料金と走行距離により計算される2つの料金がある。どちらの料金を適用するのかは、運送をする前に荷主(依頼主)と相談することになっている。

軽トラックに積載できる重量が最大350キログラムのため、宅配便では送ることのできない重量物の輸送も可能。一般的に、都心部では渋滞の影響により、運送距離のわりに時間がかかるので時間制の料金となっているが、地方では距離制の料金になる場合が多い。

また、引越し料金については各赤帽単組(各県の地方組織)によって基準自体が異なる。上限料金・基準料金・下限料金があり上限が一番高い。東京近郊は上限料金になっている。

一般運送料金、引越し料金とも実際の運用は各単組、加盟運送店によって異なり、注文の際は確認が必要である。運送依頼は必ずしも支部や営業所に出す必要はなく、近くの赤帽運送店に電話をすれば引き受けてくれる。
<主な関連ブログ>
またしてもドタキャン/住まい/追いコン。/引越手伝い/今日は・・・/シロアリ対策〜シロアリ〜住まい〜白蟻〜しろあり〜シロアリ.../一括査定▲愛車査定▲買い取り▲一括見積▲買取▲査定/便〇宿便〇腸内〇スープ/3月17日。/妊娠検査の結果/証券会社■比較■証券■ネット証券/*最近のきよると/[Other]ミスターダンボール

日記

赤帽運送の構成

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/赤帽 からの情報>

組織構成
各都道府県に下部組織の単組があり、その下に支部、営業所がある。
関東地方については1都3県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)で1単組になっている。各都県には支部があり、その下に営業所がおかれている。

なお、赤帽北海道は2003年10月16日に一度破綻したが、現在は8ヶ所の単組に分かれて再度活動している。

日記

赤帽(あかぼう)とは?

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/赤帽 からの情報>

赤帽(あかぼう)とは、
全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会に所属している、軽トラックを使った運送業者を指す。冒頭(1)の鉄道駅の赤帽さんとは直接の関係はない。

歴史
初代赤帽会長の松石俊男(故人)が、鉄道の赤帽さんの働く姿に感銘して、自分の興した運送業にその名称をつけたとのことである。
堀籠孝志が2代目会長を続けていたが、2004年2月28日に3代目の小林則夫に交代した。

日記

宅配便の仕組み

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/宅配便 からの情報>

宅配便の仕組み
大まかには、次のようなシステムによって荷物が届けられる。
発送を依頼する荷物は、街中や住宅地などでよく見かける宅配便事業者の配送車両によってコンビニエンスストアなどの発送窓口や、直接依頼者から集荷されて、各事業者の営業所に運ばれる。(あるいは、依頼者が直接営業所へ荷物を持ち込み、発送を依頼することもある。)

ここから、複数の営業所を統轄する、「トラックターミナル」(郊外や埋立地などに存在する広大な輸送拠点で、かつての貨物列車でいう操車場の機能を持つ。)まで輸送され、発送先や輸送手段(一般、タイム便、航空便など)ごとに振り分けが行われる。

振り分けられた貨物は方面別にパレット単位で集約され、主に、深夜に高速道路を走る長距離大型トラック(場合によっては途中区間に飛行機やフェリー、鉄道コンテナなどを使うこともある)によって運搬される。この長距離大型トラックは、路線バスや鉄道と同じく、起点(どこのトラックターミナルから出発するのか)・終点(どこのトラックターミナルまで行くのか)・経由地(途中で立ち寄るトラックターミナルはどこか)などが決まっており、鉄道や路線バスに時刻表があるのと同じく、運行計画に基づいて計画的に輸送されることから、「路線トラック」(路線バスの貨物版と言ったところ)と呼ばれている。

「路線トラック」により、配送先に近い区域のトラックターミナルに荷物が到着すると、配送先を管轄する営業所ごとに荷物を振り分けて、再び各営業所までトラックで運ばれる。

配達を担当する営業所では、届け先の住所や希望する時間帯によって荷物を小分けし、(1)で登場した配送車両によって相手先まで届けられる。

末端の集配作業は、ヤマト運輸以外の宅配便会社は、地方によってはいわゆる「赤帽」などの軽トラック運送業者などに委託している場合がある。

日記

運送業者の歴史と背景

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/宅配便 からの情報>

歴史と背景
宅配便が始まるまでは、個人が簡単に荷物を発送するためには、郵便小包(ゆうパック)か、鉄道を利用した鉄道小荷物(チッキ)しかなかった。それらは、郵便局または駅で荷物の発送をしなければならず、さらに、鉄道小荷物は駅で受け取る必要があった。それらを使わない場合は、通運を利用するしかなかった。

1927年鉄道省と運送業者が始めた集荷・配達を行う特別小口扱(宅扱)が 日本最古の宅配便(にあたる)とされている なおこのサービスは1942年廃止されている。
1976年1月20日、大和運輸(現在のヤマトホールディングス)が「宅急便」のサービス名で行ったのが、宅配便のサービスの始まりである。最初は関東地方のみで、1日目の取扱量は11個だった。

1980年代に入ると、店舗網の拡大が始まったコンビニエンスストアを発送窓口にしたり、宅配便の対象地区の拡大や高速道路網の拡充による配送時間の短縮化に連動して急速に取扱量が増えた。この過程で、1978年頃から日本通運など他社大手輸送会社も同様のサービスを開始した。

この際、参入した各社が動物(黒猫、ペリカン、飛脚、カンガルー、小熊など)をシンボルマークに用いたことからこれらの会社間の熾烈な競争は「動物戦争」とも呼ばれた。また、これに伴い鉄道小荷物は競争力を失って1986年11月に廃止されている。

宅配便(実際には「宅急便」)の普及にともない、小口の貨物輸送サービスに競争原理が働き、単なる輸送だけではなく、下記のような新規サービスの提供などが行なわれるようになった。

スキー場やゴルフ場等への用具の配送
空港へ、あるいは空港からの手荷物の配送
生鮮食品の配送のための冷蔵・冷凍小荷物配送(クール便)
期日、時間指定配送(特に急いで配送したい場合や、配達先の都合の良い時間帯や期日(例・在宅している夜間や日曜日など)に配達を行いたい場合)

地域限定の即日配送(特に急いで配送したい場合のほか、送り先の距離が短い場合、通常運賃で午前中に集荷→当日夕刻以降に配達可能な地域がある)
通信販売の代金決済(コレクト)サービスなど

なお、最初に宅配便サービスを開始したヤマト運輸(法人格としては、現在のヤマトホールディングス)のシェアが大きく、ヤマト運輸のサービス名「宅急便」と混同されやすいが、あくまでも一般的な名称は宅配便である。

日記

国内宅配便

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/宅配便 からの情報>

国内宅配便
業界1位 ヤマト運輸「宅急便」
業界2位 佐川急便「佐川急便」(通常便)「飛脚○○便」
業界3位 日本通運「ペリカン便」
業界4位 福山通運「フクツー宅配便」「パーセルワン」
業界5位 西濃運輸「カンガルー宅配便」「カンガルーミニ便」

他、日本郵政公社(ゆうパック)、名鉄運輸(小熊の名鉄宅配便)、西武運輸(西武宅配便)、トナミ運輸(パンサー宅配便)、岡山県貨物運送(オカケン)(ハート宅配便)、近物レックスなどがある。

日本の市場規模
2004年度 :28億4894万個(前年度比1.6%増)
ヤマト運輸10億6305万個(前年度比5.1%増)
佐川急便9億4322万個(前年度比1.9%増)
日本通運3億6228万個(前年度比4.9%減)

ヤマト運輸と佐川急便の「二強」への集中が進行している。
なお、かつて業界3位に食い込んでいたフットワークインターナショナルは2001年に倒産しており、現在は宅配便業界から事実上撤退している。

国際宅配便
DHL
ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)
フェデックス(FedEX)

日記

物的流通

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/物流 からの情報>

物的流通
物的流通(ぶってきりゅうつう:Physical Distribution 〈PD〉)の略としての物流(ぶつりゅう)とは、生産物を生産者から消費者へ引き渡すための包括した輸送システムのことである。

主な機能としては、輸送・配送の他、保管・荷役(にやく)・包装・流通加工・物流情報処理がある。物流は、商流が営業等販売活動や代金回収活動を業務の流れと捉えているのに対し、生産物を移動あるいは保管する業務の流れを指す。広義には、生産活動としての人の搬送も含める場合がある。

生産活動を営む者の視点により、調達物流、販売物流、場内物流、返品物流、末端物流など対象領域を定義した言葉を用いることがある。特に1970年代以降、販売物流の領域として、より効率的にニーズにあった生産物を消費者に届け、新鮮・低価格といった付加価値を提供するための活動が産業界で盛んになっている。

物流が生産物の移動・保管に主軸を置いた言葉であるのに対し、原料生産者・加工者・販売者を密に繋いだ供給主体のより包括的な経済行為をマネジメント面から強調する言葉として、ロジスティクス、サプライチェーン・マネジメントがある。詳しくは各項目を参照。

日記

倉庫・運輸関連業

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/運送業 からの情報>

倉庫・運輸関連業
各輸送事業をつなぐための事業。
倉庫業(保管・荷役事業) - 荷物を保管・搬出・搬入・仕分けをする事業。倉庫会社流通加工事業 - 荷主から引き受けた商品に対し、値札タグをつけたり、注文に応じて部品を組み立てたりするといった、出庫時に行う方が効率的な業務を生産者に成り代わり代行する業務。

フォワーダー事業 - 複数の荷主から小口貨物の運送を引き受け、仕分けし、大口貨物にして航空会社や船会社に運送を依頼する事業。国際貨物の場合は、通関事務代行業務も含めて請け負う。

日記

運送業者の主な事業

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/運送業 からの情報>

主な事業
陸運
陸上運送。内陸地への輸送や消費者へ商品を行き渡らせる流通を得意とする。
鉄道輸送(旅客・貨物) - 軌道を自ら敷き(または借用し)、その軌道上に運搬車両(鉄道車両)を運行させる事業。

天候による運行停止も比較的少なく、近中距離間の安価な定時輸送が比較的容易であるが、損益分岐点が高く、軌道などの設備の保守作業を事業者が行わなければならない。(鉄道事業者)

自動車輸送 - 公道上を自動車で輸送する事業。小口輸送をもっとも得意とする他、鉄道の通っていない地域の補完的な輸送を行う。渋滞等で到着時刻が遅延することが間々ある。

貨物自動車事業(貨物) - トラックやトレーラーを利用した貨物輸送で、今日の運輸業の大半を担っている。都市部ではバイクによる配達もみられる。(トラック事業者)

貴重品輸送警備 - 現金や貴金属などの輸送業務。警備業としての要素も持つ。
バス事業(旅客) - 詳しくはリンク先を参照ください。バス事業者
タクシー事業(旅客) - 詳しくはリンク先を参照ください。タクシー事業者

空運
空中運送。輸送コストが大幅にかかる反面、輸送時間を短縮するのに適している。長距離間の旅客輸送や輸送時間が優先される長距離間の貨物輸送に良く用いられる。
航空輸送 - 空運事業者

海運
海上輸送。輸送に時間がかかるが、非常に多量の積載に耐え得るため輸送コストがあまりかからない。企業間の商業輸送、とりわけ輸出入の大半を占める輸送形態である。

船舶輸送 - 海運事業者

日記

運輸業(うんゆぎょう)とは

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/運送業 からの情報>

運輸業(うんゆぎょう)とは、
旅客や貨物の運送にかかる業種、あるいは職業である。
運輸業には単に輸送する以外にも、
保管業務、荷役業務(搬出・搬入・仕分け)、流通加工業務、物流にかかる
情報処理業務、フォワーダー業務などがある。

運送する対象が人である輸送を旅客輸送、モノである輸送を貨物輸送と呼ぶ。
また、輸送機関が鉄道やトラックなど陸上の貨車での輸送を陸運、
航空機での輸送を空運、船舶での輸送を海運または水運と呼ぶ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。