引越は赤帽土肥運送
徳島文理大学

日記

運送業者の歴史と背景

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/宅配便 からの情報>

歴史と背景
宅配便が始まるまでは、個人が簡単に荷物を発送するためには、郵便小包(ゆうパック)か、鉄道を利用した鉄道小荷物(チッキ)しかなかった。それらは、郵便局または駅で荷物の発送をしなければならず、さらに、鉄道小荷物は駅で受け取る必要があった。それらを使わない場合は、通運を利用するしかなかった。

1927年鉄道省と運送業者が始めた集荷・配達を行う特別小口扱(宅扱)が 日本最古の宅配便(にあたる)とされている なおこのサービスは1942年廃止されている。
1976年1月20日、大和運輸(現在のヤマトホールディングス)が「宅急便」のサービス名で行ったのが、宅配便のサービスの始まりである。最初は関東地方のみで、1日目の取扱量は11個だった。

1980年代に入ると、店舗網の拡大が始まったコンビニエンスストアを発送窓口にしたり、宅配便の対象地区の拡大や高速道路網の拡充による配送時間の短縮化に連動して急速に取扱量が増えた。この過程で、1978年頃から日本通運など他社大手輸送会社も同様のサービスを開始した。

この際、参入した各社が動物(黒猫、ペリカン、飛脚、カンガルー、小熊など)をシンボルマークに用いたことからこれらの会社間の熾烈な競争は「動物戦争」とも呼ばれた。また、これに伴い鉄道小荷物は競争力を失って1986年11月に廃止されている。

宅配便(実際には「宅急便」)の普及にともない、小口の貨物輸送サービスに競争原理が働き、単なる輸送だけではなく、下記のような新規サービスの提供などが行なわれるようになった。

スキー場やゴルフ場等への用具の配送
空港へ、あるいは空港からの手荷物の配送
生鮮食品の配送のための冷蔵・冷凍小荷物配送(クール便)
期日、時間指定配送(特に急いで配送したい場合や、配達先の都合の良い時間帯や期日(例・在宅している夜間や日曜日など)に配達を行いたい場合)

地域限定の即日配送(特に急いで配送したい場合のほか、送り先の距離が短い場合、通常運賃で午前中に集荷→当日夕刻以降に配達可能な地域がある)
通信販売の代金決済(コレクト)サービスなど

なお、最初に宅配便サービスを開始したヤマト運輸(法人格としては、現在のヤマトホールディングス)のシェアが大きく、ヤマト運輸のサービス名「宅急便」と混同されやすいが、あくまでも一般的な名称は宅配便である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36066630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。