引越は赤帽土肥運送
徳島文理大学

日記

宅配便の仕組み

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/宅配便 からの情報>

宅配便の仕組み
大まかには、次のようなシステムによって荷物が届けられる。
発送を依頼する荷物は、街中や住宅地などでよく見かける宅配便事業者の配送車両によってコンビニエンスストアなどの発送窓口や、直接依頼者から集荷されて、各事業者の営業所に運ばれる。(あるいは、依頼者が直接営業所へ荷物を持ち込み、発送を依頼することもある。)

ここから、複数の営業所を統轄する、「トラックターミナル」(郊外や埋立地などに存在する広大な輸送拠点で、かつての貨物列車でいう操車場の機能を持つ。)まで輸送され、発送先や輸送手段(一般、タイム便、航空便など)ごとに振り分けが行われる。

振り分けられた貨物は方面別にパレット単位で集約され、主に、深夜に高速道路を走る長距離大型トラック(場合によっては途中区間に飛行機やフェリー、鉄道コンテナなどを使うこともある)によって運搬される。この長距離大型トラックは、路線バスや鉄道と同じく、起点(どこのトラックターミナルから出発するのか)・終点(どこのトラックターミナルまで行くのか)・経由地(途中で立ち寄るトラックターミナルはどこか)などが決まっており、鉄道や路線バスに時刻表があるのと同じく、運行計画に基づいて計画的に輸送されることから、「路線トラック」(路線バスの貨物版と言ったところ)と呼ばれている。

「路線トラック」により、配送先に近い区域のトラックターミナルに荷物が到着すると、配送先を管轄する営業所ごとに荷物を振り分けて、再び各営業所までトラックで運ばれる。

配達を担当する営業所では、届け先の住所や希望する時間帯によって荷物を小分けし、(1)で登場した配送車両によって相手先まで届けられる。

末端の集配作業は、ヤマト運輸以外の宅配便会社は、地方によってはいわゆる「赤帽」などの軽トラック運送業者などに委託している場合がある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。