引越は赤帽土肥運送
徳島文理大学

日記

赤帽運送の取り扱いについて

引越や赤帽土肥運送などの関連情報についてを以下にてご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/赤帽 からの情報>

取扱い業務
業務は宅配便の末端配送下請け
(後述)、引越し、ルート配送、緊急貨物の配送が主である。

基本的に、運転手は個人事業主で、かつ営業方針は自由に設定できるので、各自で運送とはかけ離れたサービスを付随させていたりする場合もあり面白い。トラックは富士重工業製のサンバーを使用しており、一部ではプレオバンも使われている。

サンバー・プレオバンともに赤帽専用の特装車となっており、富士重工業系列の特装車メーカーである桐生工業が手がけている。

宅配便については事実上、赤帽ブランドで宅配事業は行っていない。ヤマト運輸「宅急便」以外の他社大手宅配業者の下請け(営業所から配送先宅への配送など)となっている。ただし、一部の単組では宅配事業に力を入れ、事業を拡大しようと努力している。

緊急貨物はバイク便や自転車便のように、荷物の引き取り先から納品先まで直送する。歴史はバイク便より赤帽の方が古い。地方はバイク便がまだ発達していないので、現在でも地方間の直送便は赤帽等の軽貨物業者が一般的になっている。

運送料金は、宅配便のように1ケース単位ではない。1車貸切で時間単位の料金と走行距離により計算される2つの料金がある。どちらの料金を適用するのかは、運送をする前に荷主(依頼主)と相談することになっている。

軽トラックに積載できる重量が最大350キログラムのため、宅配便では送ることのできない重量物の輸送も可能。一般的に、都心部では渋滞の影響により、運送距離のわりに時間がかかるので時間制の料金となっているが、地方では距離制の料金になる場合が多い。

また、引越し料金については各赤帽単組(各県の地方組織)によって基準自体が異なる。上限料金・基準料金・下限料金があり上限が一番高い。東京近郊は上限料金になっている。

一般運送料金、引越し料金とも実際の運用は各単組、加盟運送店によって異なり、注文の際は確認が必要である。運送依頼は必ずしも支部や営業所に出す必要はなく、近くの赤帽運送店に電話をすれば引き受けてくれる。
<主な関連ブログ>
またしてもドタキャン/住まい/追いコン。/引越手伝い/今日は・・・/シロアリ対策〜シロアリ〜住まい〜白蟻〜しろあり〜シロアリ.../一括査定▲愛車査定▲買い取り▲一括見積▲買取▲査定/便〇宿便〇腸内〇スープ/3月17日。/妊娠検査の結果/証券会社■比較■証券■ネット証券/*最近のきよると/[Other]ミスターダンボール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36066975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。